鷹の道

大学院に通っています。中国政治・外交を勉強中。野球を見ます。ソフトバンクホークスを応援することかれこれ15年。

中華人民共和国改憲建議を受けて

politics.people.com.cn

 

平昌オリンピック閉会式直前になって入ってきた、中国憲法改憲案。

おそらくここで発表された案がそのまま次の全人代を通過するのでしょう。

 

日本でも大きなニュースとなっているのが79条改定に伴う国家主席の任期の撤廃。これが通れば習近平はあと4年に留まらず、ずっと政権を維持することが可能になります。「独裁」とも「皇帝化」とも言える状態が実現するわけです。

習近平体制はどのような形でいつまで続くのか、というのは前々から話題にはなっていました。昨年秋の党大会で発表された常務委員の顔ぶれからは5年後に政権移行の当事者となり得る者は見当たらず、何らかの形で習近平が2期10年以上権力の座に居座ることが予想されていました。国家主席の任期を撤廃するか、国家制度の中に新たなポストを創設して院政を敷くか、あたりが考えられましたが、前者の策が採られたようです。

 

任期撤廃は共青団派江沢民派との権力闘争に拍車をかけるのでは、とも思ってしまうのですが、裏を返せば反腐敗運動などを通じた敵対勢力叩きが成功しているとも言えるでしょう。腐敗取り締まりを主管する監察委員会が憲法に明記されるのも今回の改憲案のポイントです。

 

また、第1条に「中国共産党による領導は中国の特色ある社会主義の最も本質的な特徴である」と書き足されるのも興味深いです。党による領導を明記したことをどう解釈するかには様々な見方があると思います。共産党体制の正統性を支えていた経済成長に陰りが見えてきた中で、「依法治国」を掲げ、法律の条文に正統性維持の役割を担わせた、とも取れそうです。「だって憲法に書いてあるから」という開き直り、といったところでしょうか。第1条についても検討の余地がありそうです。

 

いずれにせよ、中国は我々が享受している「デモクラシー」からはまた一歩遠くへ行ってしまいそうです。それが良いのか悪いのか、今の僕には判断がつきません。というか、判断する必要もないのかも知れません。とにかく今は中国がどこへ行くのかをしっかり追っていくのが精いっぱいです。