鷹の道

大学院に通っています。中国政治・外交を勉強中。野球を見ます。ソフトバンクホークスを応援することかれこれ15年。

「平成最後の」紅白歌合戦を眺めて

あけましておめでとうございます。

 

この言葉を交わすより前に、中国人と台湾人の友人にそれぞれ新年快乐!,新年快樂!とwechatとLINEで交わした。この状況こそが昨年の大きな変化だろう。中国政治外交研究で大学院に進み、中国・中国人との距離もいっそう近くなった。

 

今年は秋に北京への留学を控え、動きの大きな年になると思われる。「平成最後の」を合言葉とした世間の慌ただしさにどこまで着いて行けるか。

 

 

昨年後半あたりから、やたらめったら「平成最後の」という枕詞を耳にするようになった(「平成最後の夏」あたりからだと思う)。年末の紅白歌合戦はその際たるもので、何かにつけて「平成最後の」と言っていた。

確かに、一つの時代の区切りとして総括したくなる気持ちは分かるし、そうした試みに意義がないとは言わない。そういう意図があったかはさておき、清水真人『平成デモクラシー史』は良かった。

平成デモクラシー史 (ちくま新書)

平成デモクラシー史 (ちくま新書)

 

で、この平成という時代の音楽シーンはどう総括されたのか。

「平成最後の」紅白の最後、ステージで躍動していたのはサザンであり、ユーミンであり、北島三郎だった。

壮観である。おぉっ、となった。

が、同時に言いようのない「昭和感」に悲しさを覚えたのも事実である。演者はもちろん、誰も悪くない。しかし、これではまるで平成は昭和の延長戦をやっていただけみたいじゃないか。実際そうだったのかも知れないが。

 

ここ10年ほどで日本のテレビから音楽番組が減ったように感じる。辛うじてMステが生き残っているが、(Mステに限らず)過去映像でノスタルジーを誘うような構成が目につく。スターがいないからそうなっているのか、そうだからスターが不在なのか。両面あるとは思うが、この環境では「国民的ヒット」は生まれるべくもなかろう。

社会の高齢化でトレンドを引っ張る若者層が弱くなっていることもあるだろうし、テレビというコンテンツ自体の限界も指摘できる。その結果がスター不在の平成時代だったのかも知れない。

 

SMAPも安室ちゃんも小室哲哉もいない今、「平成」を背負って立てるアーティストは本当に少ない。

SMAP小室哲哉がいなくなった経緯(とりわけ小室)を考えても、この時代の生きにくさに思い至ってしまう。

スターを生み出せなかった、潰してしまったこの時代を越えて、我々は次の時代をどう作るのか。この重い問いを紅白の最後の絵面が突きつけいる気がしてならなかった。昭和を懐かしむばかりでは次の時代は見通せない。

 

上海を(雑に)振り返る②

しばらくぶりになる。「上海を振り返る①」と題して茨城空港を振り返ったところで止まってしまった。もう1ヶ月前の話になるし細々と書くのも記憶の面で限界があるので、この記事でザッと復習する。

 

上海に着いたのが11/23の夕方。ホテルへ直行。

シャンハイ チ チェン ブティック ホテル (Shanghai Chi Chen Boutique Hotel)|クチコミあり - 上海(シャンハイ)

 

小南门站から徒歩2分ほどの好立地で、1泊4500円ほど。清潔感のある部屋で非常に好感の持てるお宿だった。

f:id:hawks_ztk:20181229103017j:image

 

翌日は午前中にHSKの試験会場まで行ってみて、小杨生煎で生煎をいただき、

f:id:hawks_ztk:20181229103849j:image

ホテルに戻って焼け石に水ながらHSKの勉強、夜は人民广场の苏小柳で上海蟹をいただき、

f:id:hawks_ztk:20181229104055j:image

(サイズ感が分からずとりあえず一つ頼むと思いのほか小さいのが来た)

就寝。

 

そして翌25日は朝から試験、終了後は上海図書館を訪問、上海書城にも寄って、そそくさと東京に帰って来た。

 

 

本当に簡潔というか雑に復習した。

そして先日HSKの成績が発表された。听力、阅读、写作の3部門でそれぞれ70点以上、が北京大学の要件。

 

 

听力54点,阅读76点,写作70点で見事に失敗。

耳悪すぎではないか。他の2つが7割に到達していたのが救いではあるが、とにかく失敗した。

来月、また受ける(今度は東京で)。

 

 

しかし、HSK6級で各部門7割ずつというのは、ノンネイティヴには結構キツい。それでこその天下の北大なのだろうが、正直雲行きは怪しい……。

上海を振り返る①

間が空いてしまった。

 

もう2週間近くも前の話だが、上海に行ってきた。メインミッションはHSK受験である。

 

過去2度上海へ行ったことがあるが、いずれも羽田空港からだったと記憶している。東京都内に住んでいるとやはり成田は距離を感じるので、羽田便を選びがちになる。

しかし今回はそのどちらでもなく、茨城空港発の春秋航空便を選択した。貧乏大学院生、なるだけ安く海を渡りたい。茨城空港から上海便が出ているのは知っていたが、茨城空港までのアクセスが面倒で今まで検討してこなかった。少し調べてみると東京駅からワンコインで茨城空港までのバスに乗れることが分かり、時間だけはある貧乏大学院生は常陸国からの中国行きを決意した。

東京方面 | 茨城空港

 

f:id:hawks_ztk:20181206103638j:image

噂には聞いていたが、非常にコンパクトな、こじんまりとした空港である。チェックインカウンターはスカイマーク春秋航空の2社しかなかった。コンパクトな分、羽田や上海浦東のように空港内を延々と歩く必要がないのは良かった。2階が土産屋とカフェ・レストラン、展望デッキになっている。

 

13:30発の便だったので、チェックインを済ませると上のレストランで昼食。

f:id:hawks_ztk:20181206104319j:image

やはり茨城なのでご当地グルメということで「しょぼろ納豆そば」を注文。納豆料理(?)の割にさっぱりしていて美味しかった。蕎麦つゆで納豆の粘り気も引き立つし、納豆の美味しいいただき方の一つの正解を示された感がある。そういえば常陸秋蕎麦に代表されるように、蕎麦が美味しいことでも知られている。茨城というと都道府県知名度ランキング下位の常連だが、プロモーションのしかた一つで観光客を集められるポテンシャルを感じた。

 

 

13:30、出発。展望デッキから多くの人がこちらに手を振ってくれる。滑走路には当便しかいないので、みんながこちらに手を振ってくれる。次に茨城空港を発つ便は18時台の那覇行きなので、展望デッキで手を振る人の大方は茨城県民の方なのだろう。何だか暖かい気持ちになった。土産屋も道の駅のようなローカル感があったし、地域密着型空港、といったところなのだろう。

 

そして上海へ。「上海を振り返る」と題しながらここまでほぼ茨城空港の話しかしていないが、続きは次回に委ねる。

 

写真を撮る習慣がついておらず、ブログに使える写真、というかそもそも写真の枚数が非常に少ない。ここに記録することを意識してもっと色々撮れば良かったが、後の祭りである。

HSK6級に向けて勉強中

以前書いた通り、今週末上海でHSK6級を受験する。

急ぎHSKを受ける話 - 鷹の道

 

今回の至上命題は听力、阅读、写作の3分野すべてで70点以上を取ること。目下非常に微妙な情勢である。

 

中国で買った模擬問題集で繰り返し練習しているが、何回やっても正答率は7割弱で、わずかに足りない。おそらくこれが偽らざる現状の実力なのだろう。

ただ、正答率と得点が一致しているのか、いささか疑問がある。というのも、中国語を勉強し始めた頃に2級を受けた際、阅读で99点を取ったことがあるのだが、問題は100問も無かった。さらに、昨年末に6級を受験した際は今よりずっと出来が悪かったはずだが、スコアは7割弱だったのだ。

 

ということは、現状の出来でも案外7割は超えられるのかも知れない。自分は基本的に試験勉強が嫌いなので、現状で合格なら無理に頑張らなくても良いじゃない、となってしまう。採点基準はどこまでも不明なので、念のため勉強はするが、何となく気乗りしないのが正直なところ。

 

ちなみに使っているテキストはこれ。

 

新漢語水平考試模擬試題集HSK6級(附MP3)(中国語)

新漢語水平考試模擬試題集HSK6級(附MP3)(中国語)

  • 作者: 王素梅,新漢語水平考試の筆記模擬試験問題10セット収録。6級は語彙量5000語以上の常用詞語を把握し、中国語の情報をスムーズに読んだり聞いたりすることができ、会話や文章により、自分の見解を流暢に表現することができるレベル。
  • 出版社/メーカー: 北京語言大学出版社
  • 発売日: 2010/09/01
  • メディア: ペーパーバック
  • 購入: 2人 クリック: 4回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

昨年深圳で買ったもの。アマゾンのレビューは「本番より易しい」とのこと。

…………もっと勉強しないといけないようだ。

Twitterで記事の共有をしています

このブログは投稿の都度、ブログ専用のアカウント@hawks_ztkで共有することにしている。やはりものを書く以上、誰かに引っかかって見てもらいたいという承認欲求にかられるのだ。「誰かに引っかかる」確率を上げるべく、数年前に作った、中国や国内外政治に関わるアカウントをフォローしているだけのROMアカを引っ張り出して、この度本ブログの記事共有に使うことにした。

 

すると今日投稿した記事

さいはての中国 - 鷹の道

に対して、早速反応をいただけた。

なんと『さいはての中国』著者の安田峰俊さんその人から直接のコメントが。前記事では敬称略だったのが、コメントをいただいた途端の「さん」付けである。こちらこそ、こんなしがない大学院生のメモ書きのようなブログをわざわざ読んで下さり、それだけで恐縮至極です。

 

先日このブログを再稼働させた時点ではまたしても三日坊主で廃墟にしてしまうことを危惧していたが、これでしばらくは書けそうである。中国政治研究者の卵としての徒然なる発信の場として有効活用したい。

 

来週の上海HSK受験に向けて、今夜も中国語の勉強である。英語の数百倍楽しくやれている辺り、研究対象の選択は間違っていないのかも知れない。

さいはての中国

最近読んだ本の中で面白かったのがこれ。

 

さいはての中国 (小学館新書)

さいはての中国 (小学館新書)

 

 

安田峰俊は非常に鋭く面白い文章を書く中国ルポライター。自分も彼くらいウィットに富んだ文章が書けたら、と常々思わされる。

目下安田峰俊の代表作と言えば今春刊行され、先日城山三郎賞を受賞した『八九六四』だろう。

 

八九六四 「天安門事件」は再び起きるか

八九六四 「天安門事件」は再び起きるか

 

 

政治的にセンシティブな話題を扱っていながら政治的な色を感じさせない、良い意味で「醒めた」叙述になっている。中国、特に政治的イシューを扱う人は知ってか知らでかある立場に肩入れしてしまうことが多い。彼の叙述は中立というか、俯瞰的な印象がある。現場に足を運んで地道な取材活動をされているにも関わらず、対象との距離の取り方が見事なのだ。

 

さて、そんな著者の最新刊『さいはての中国』は中国の様々な「さいはて」を訪ねたルポ。各種雑誌に掲載された文章を集めたものということもあり、「さいはて」を訪ねているということ以外、各章は問題の扱い方や著者の熱量の統一感に欠けている。しかしそれがむしろ「さいはて」探訪の追体験に一役買っている。

習近平肝いりの雄安新区や内モンゴルの鬼城などの章からは必ずしも順風満帆とは言えない開発の現場が見て取れ、一方でカンボジアでは中国が「ド派手な」支援でプレゼンスを高めている現状も淡々と描かれている。

中国はその国境の内部に留まらず世界各地に「さいはて」を抱えている。一方で国境内部には多様な社会階層や民族を抱えており、その「さいはて」は深い。どこまで自分で足を踏み入れられるかはさておき、中国の動的な広さと深さは中国を理解する上で念頭に置くべきであろう。

 

 

前述の通り著者の筆致は非常に醒めているが、それゆえに中国のこれからを見通す上で示唆的な点が多い。中国を知りたいという全ての人に勧めたい作家である。

急ぎHSKを受ける話

当座の主要課題である留学準備。所属校の交換留学制度に乗っかって行くので学内選考をパスしてしまえば後は比較的楽に手続きが進むものと思われるが、とにかく学内選考を通過しないことには話が始まらない。

 

 

中国留学の場合、当然中国語の能力が問われる(最近は一流大学を中心に英語だけで留学できるコースも開設されているようだが)。

国際的な中国語試験といえばHSK(汉语水平考试)である。社会科学系でそれなりの大学となると6階級の一番上、6級が要求されることが多い。HSKは級が上がると(確か5級から)合否判定が出なくなる。英語のTOEICなどと同じようにスコアのみの表示となるのである。しかし各大学の留学生向けの要件には等級しか書いておらず、点数が記載されていないことが多い。HSKが頻繁にルール変更するためだと思われるが、その辺もう少し明確化してほしい。一応の共通認識として、6割以上のスコアでその級の中国語能力を持っている、と見做されることが多い。5級と6級はいずれもリスニング100点、リーディング100点、作文100点の300点満点なので、180点以上あれば足りるということだ。

 

筆者は今年の初めに東京で受けた6級の試験でギリギリ180点を超える点数を取り、これで留学出願には困らない

 

 

 

……と思っていた。

実際、今年の6月時点で、所属校が発行しているオフィシャルの留学ガイドでは6級で6割あれば全ての大学に出願可能となっていた。

ところが最近中国屈指の一流大学・北京大学の要件が変更になったらしく、6級で7割のスコアが要求されるようになったのだ。それも、トータルで210点取れば良いという話ではなく、各セクションでそれぞれ70点以上を取れ、とのこと。1月時点のスコアでは当然足りない。

そう言えば書いていなかったが、筆者の一応の第一希望留学先はこの北京大学である。詳細は別記事で書く。かも知れない。

 

 

さて、これに気づいたのが10月下旬。出願は今年の年末。HSKは通常受験から結果発表まで1ヶ月要する。

この状況を踏まえると、期限に間に合う試験日程は無かった。

 

そんな大事なこともっと早く教えてくれよ、とボヤきたくもなるが、これは自分の確認不足に他ならない。

なんともみっともない形で北京大学への出願は諦めざるを得ないのか、と肩を落とすばかりであった。

 

 

失意の中、何とかなる手段は無いかとあれこれ探したところ、あった。

 

 

日本国内のHSK開催は基本的に月1回である(都内在住だから月1回ペースでチャンスが提供されているが、地方になるとその頻度はもっと少ない)。しかし、中国ではもっと高頻度で開催されている。しかも受験形式が通常の筆記テスト以外に、パソコンを使った試験(网考)の2種類ある(日本ではほとんどの受験者が筆記テストで受験していると思われるが、実は日本でも网考はあったことを後に知った)。

网考で受けると筆記よりも結果が早く出るのである。すなわち、この期限が迫った状況下において取り得る手段は「中国で网考を受ける」である。これなら間に合う。

 

 

というわけで、来週末上海で試験を受ける。手続きが面倒だったり、試験勉強がよく分からなかったり、色々あるがそれは追ってここに書き連ねたい。