読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鷹の道

大学に通っています。中国政治・外交を勉強中。野球を見ます。ソフトバンクホークスを応援することかれこれ14年。

イデオロギーの境界を越えて

しばらくほったらかしにしていました。なかなか習慣になりません。

 

 

先週は旅行に出ていました。香港、広州、深圳、マカオを回ってきました。

香港がグローバリゼーションを体現する街で、色んな人が行き交っているというのは言うに及ばずで、むしろ深圳と香港の境界(イミグレを通過するが国境ではない)に目に見えない、しかし高い高い壁を感じたのがこの旅のハイライトでした。

 

旅の初日、九龍ー広州東の鉄道で香港から大陸側に入りました。車窓をぼーっと眺めていると勝手に境界を越えてくれるわけですが、越える瞬間は一目でわかります。香港の北部、羅湖の辺りは九龍や中環のような都会ではなく山!森!川!という感じなのに対して、深圳に入るといきなりビル!ビル!ビル!!だからです。

ビルが林立している、と言ってしまえば香港と変わらないのですが、その街並みは明らかに香港とは違うのです。何とも形容しがたいですが、ビルの建ち方が中国なのです。あとビルの光らせ方も明らかに中国です。原色ゴリ押しでドカーン!!って感じです。何より文字が変わります。看板の簡体字が大陸入りを実感させます。車窓を眺めているだけなのに、この世界の変貌ぶりに鳥肌が立ちました。

 

 

世界には国境紛争なるものがあるように、境界というのはsensitiveなものです。

中東やアフリカのように、かつての帝国主義国家の自己都合で引かれた境界線が今なお尾を引いているパターンもあるし、現在のアメリカ・メキシコ間のように人の移動をめぐって国際問題(国境の問題なので国際問題なのは当然だが)が勃発することもあります。

国民国家の考え方からすると、国が違うと民族が変わる(かなり雑な前提なのは否めない)ので、国境を越えると民族が変わるはずなのです。もちろん現場はそんなにスパッと割り切れるものではないのでしょうが、言語や法といった、国家システムの根幹をなすものは境界で截然と区別されているはずです。だからこそ、民族の分布と国境が一致しない時に問題が発生するのです。

同じ民族グループが国境によって分断されるということもあります。かつての東西ドイツや、現在の韓国・北朝鮮です。冷戦構造の中で、同一の民族がイデオロギーによって分断されました。このタイプの国境は一般的な国境よりも高い壁となって両国を隔てます。ドイツには文字通りの「壁」が存在したし、北朝鮮と韓国の間に設定されているのは「軍事境界線」です。

 

前置きが長くなりましたが、今回僕が行き来した香港と大陸の間の境界もこの「イデオロギーの境界」に該当します。

南では北京政府から「高度な自治」を認められた行政府が(一応)民主主義的なシステムで政治を行い、資本主義経済が発展し、自由な言論空間があります。一方で北では中国共産党の一党体制の下、社会主義という看板と資本主義の現実がせめぎ合い、言論は統制された世界が広がっています。

ただ、上記の他の「イデオロギーの境界」と決定的に異なるのは、行き来が出来るという点です。何といっても同じ国なので。つまり、イデオロギーの境界を肌で感じることのできる世界でも珍しい境界となっているのです。

 

実際に行き来してみた所感として、このイデオロギーの境界は往来の利便性に反して深い溝を感じました。川を越えたあちら側で自由に使えるGoogleTwitter、LINE、Facebookがこちら側では使えないのです。あちら側には無い「社会主義核心価値観」の看板がこちら側では散見されます。同じ中華民族が暮らしているのに、境界を挟んで世界が微妙に違うのです。深圳は大都会なので、都市としての発展度合いは香港に引けを取りません。そういう意味で2つの世界の見かけ上の違いは「微妙」なのですが、この微妙な差こそがイデオロギーがもたらす差で、香港と大陸の間に深い深い溝、高い高い壁をなしています。

 

 

今年は香港の返還20年。あと30年で「一国二制度」が終焉することになっていますが、果たして可能なのでしょうか。イデオロギーの境界を取り払うのは相当の困難が伴いそうです。

 

香港 中国と向き合う自由都市 (岩波新書)

香港 中国と向き合う自由都市 (岩波新書)

 

 

ポピュリズムとは何か

これ昨年のイギリス国民投票あたりからの疑問だったんですよ。

日本の報道で「ポピュリズム政党」などの言葉をたびたび耳にしますが、結局のところポピュリズムとは何なのか? 日本の報道で用いられるポピュリズムは「大衆迎合で中身のない」みたいなニュアンスだと理解しています。いやいや、でも民主主義でやっていく以上、政党が大衆の方を向くこと自体は原理的に問題ないですよね。それにポピュリズム政党の政策を嘲笑できるほど、他の政党は中身の詰まった政策を打ち出せているのでしょうか。こう考えるとやはりツッコミどころの多いフレーズです。

 

というわけで、今日読んだのがこちら。

 

 ポピュリズムの概説書と言える一冊。タイトル通りです。

 

著者によると、現代のポピュリズムは民主主義、自由主義という既成のロジックを用いている点で民主主義社会ならではの現象とのこと。彼らは決して権威主義全体主義を標榜しているわけではなく、ポピュリズムを民主主義の対概念として扱うのは不正確なのです。

日本(に限らず?)のリベラルを中心に、ポピュリズムの台頭を「民主主義の危機」と位置づける言論が散見されますが、民主主義のプロセスによって台頭したポピュリズムを民主主義の敵とみなして拒絶する姿勢は民主主義そのものの否定につながり、ひいては自己否定につながりかねません。たとえそれが自分にとって不本意であっても、選挙によって導出された民主主義の結論は受け容れる。これが民主主義のルールというか、マナーなのではないでしょうか。この点で(ポピュリズムの文脈からは立場が逆ですが)大阪都構想をめぐる住民投票に敗れた時の橋下徹市長の姿勢はとても「民主主義的」であったと言えるでしょう。一方でアメリカ大統領選でトランプが勝った際に抗議(?)デモが行われていましたが、選挙結果そのものに抵抗行動を起こすのは民主主義への反旗と言わざるを得ません。

 

そして、日本の報道におけるポピュリズムの扱いで僕が気になっていたことがもう一つ。なぜか「ポピュリズム」と「極右」は常に同列に置かれています。そもそも何をもって「極右」と定義するのかが漠然不明瞭なのですが、その点は今回は置いておきます。それでなお疑問なのは、「ポピュリズムは極右なのか?」という点。

確かに、各国の事例を見るとポピュリズムと言われる政治集団は濃いめの右寄りであることが多いのは分かります。しかし、それを以てポピュリズム=極右と決めてしまってよいのか。また、それが言えるのであればなぜなのか。この点についても文中に記述がありました。

結論だけ記すと、ポピュリズムは排外的要素が強く、ナショナリズムを喚起する点では「極右」と分類されうるのですが、必ずしも右寄り思考とも言い切れない、ということです。ヨーロッパのポピュリズム政党はフランスの国民戦線はじめ老舗の右寄り政党であることが多いので、ここだけ見るとポピュリズムと極右が結び付きそうなところですが、既得権益(establishment)の対立軸になるというのが現代のポピュリズムの第一義で、既得権益を肥大化させたグローバリゼーションを否定する結果、排外主義的になる、というのがポピュリズムのおおまかな考え方なので、ポピュリズムと極右思想はぴったり重なるわけではないのです。

 

日本では維新の党が台頭したとは言え、既成の政党、政治集団を脅かすようなポピュリズム的政治集団は目下現れていません(維新がポピュリズムなのか自体微妙なところですが)。日本にはestabilishmentへの不満は存在しないのか、あっても投票行動に表れないのか、あった上で既成の政党が受け皿となっているのか、議論の余地がありそうです。ただ、ここ数年の国政選挙で維新と並んで共産党議席を伸ばしている状況や、東京都では小池知事が自民党既得権益と位置づけて公然と敵視することで支持を集めている状況を見るに、日本政治にもポピュリズムの潮流は確実に存在しそうです。

国際政治学の意味

思いつきでブログを開設したのが1か月前。ほぼ3日坊主でほったらかしにしてしまいました。はてなブログから「1か月ほったらかしにしてるけど、更新しないの?」と催促されたことで重い腰を上げてここに戻ってきた次第です。

今月来月の2か月は大学の授業がないので、腰を据えてたくさん本を読むことにしています。ここで読んだ本に関してウダウダ書きながら更新習慣をつけていきましょう。ここに書くということが読書のモチベーションになるかも知れないし。

 

 

というわけで一発目はこちら。

 

戦争の条件 (集英社新書)

戦争の条件 (集英社新書)

 

 

2時間で読める国際政治関係の本を大学図書館で探して出会いました。藤原帰一といえば言わずと知れた日本を代表する国際政治学者です。

 

入門書というか、学問としての国際政治学の考え方を誰でも分かる平易な言葉で説明している本です。

 

この「誰でも分かる」というのが国際政治においてはとても厄介です。著者も最後に書いているのですが、国際政治はかなり開かれた学問分野です。理科学系や経済学のような難しい数式は出てこないし、哲学や歴史学のような実生活からの「遠さ」もありません。毎日テレビでニュースを観たり新聞を読んだりするだけで国際時勢について知れます。そこで見聞きした情報に対して何か考えればそれだけで国際政治のフィールドに参入できるわけです。教科書を読んだり、学者の講義を聞くことは必要条件にならないんですね。特に最近はネット上で誰でも手軽に発言できるし、何なら学者と議論もできちゃうわけです。

 

一般人の見解と学者の思考が同列に並べられてしまう中、自分は何のために国際政治学をやっているのだろう、と疑問に思うことがしばしばあります。外交官や政治家と違って、学者は政策や国家の対外方針への関与が限られています。国際政治学者がただ「言いっ放し」のポジションであれば、それは最早一般人と同じじゃないのか……? 

 

 

この本はこんな僕の疑問に直接答えてくれるわけではないのですが、国際政治学の思考法・エッセンスが詰まっています。巷で目にする「こう考えれば、こうすれば万事解決!」というものは国際政治には決してありません。そんなものあれば国際政治学など必要ないのです。こちらが立てばあちらが立たぬ、といったジレンマの中、一つひとつの状況を丁寧に、多角的に観察した上で誰がどうするのが誰にとってベター(ベストではない)のかを考察するのが国際政治学の役割です。

これをやるには報道をザッピングするだけでは不十分で、ベースとなる考え方を得るために古典を読んだり、学者の見解を見聞したり、外国の方とコミュニケーションを取ったりといったことが必要になるのです。

 

一般人の見解はどうしても一面的になってしまうし、政治外交の現場で働く人たちはどうしても近視眼的になってしまう。そこで巨視的に、大局観を持って国際政治の流れを読むのが学者の立ち位置ではないでしょうか。

 

 

この『戦争の条件』も、書いてあること自体は「そりゃそうでしょ」ツッコみたくなるような常識に近いものですが、重要なのは結論ではなく(この本では結論も読者に委ねられていますが)、思考のプロセスや葛藤なのです。文中の議論を通じてこの「悩みの重要性」を改めて突き付けられた思いがします。

分野そのものが世俗化しているだけにいちいち悩みまくっていると何となくバカっぽく見えてしまうかも知れませんが、悩まず結論ありきで突っ込んでしまう方がバカなのです。

頑張って悩みます。

センター前夜

明日から大学入試センター試験が始まります。

 

自分が受験生の時もこのセンター直前期というのは多少緊張感があったように記憶しています。というのも、絶対に体調を崩せないんですね。全力を出せるコンディションで本番を迎えたいのは当然ですし、まず2日間試験会場まで行って試験を受けないことにはその先はないのです。1年やり直しです。直前期に根詰めて勉強しまくっても急に点数が上がったりしないので、年が明けてからはほどほどに勉強して、よく食べてよく寝ることに徹していました。

 

それでなくても万全の状態で迎えたいセンター試験、心配事の尽きないこの時期にやるのは何故なのでしょう? 1月のこの時期、インフルエンザ、ノロウイルスなど半ば不可抗力のような感染症が流行っているし、寒いというだけで風邪をひくリスクは高いし、雪で交通機関に影響が出るリスクもあります。他の季節にはない心配事が多過ぎるように思います。文科省では大学入試制度改革が検討されているようですが、この問題は早期に検討されるべきもののひとつではないでしょうか。

そういえば、この文科省の大学入試制度改革ではセンター試験の複数回実施が検討されているという話を聞きますが、個人的にはこの提案には賛同できません。一発勝負にコンディションを合わせるというのも重要な能力のひとつでしょう。だからこそ、不可抗力の多い1月に実施するのはいかがなものかと思うのですが……。

 

センター試験に言及するニュースが多く、センター試験はさながら「国民的行事」感がありますが、これってどうなのでしょうか。世間では「世の中学歴じゃない」という価値観が比較的支持される一方で、大学入試をこんなにもてはやすのは結局この国が「学歴社会」であることの証左ではないでしょうか。学歴社会が良くないと言いたいのではなく、結局世の中学歴がモノを言う局面が多いよね、ということを認めてしまうことが許容される社会でもいいじゃないか、というのが僕の考えです。もちろん最終的には本人の力量がないといけないのは言うまでもないですが、学歴があるのと無いのでは身の振りやすさにどうしても差異が出てきてしまいます(学歴があるが故に選択肢が制限されることも少なくないようですが)。

だからこそ、明日センター試験に臨む受験生には頑張って自身の望む学歴を手にしてほしいです。文科省の制度改革も、社会の学歴観も、受験生にとってはとりあえず関係のない話で、彼らはとにかく眼前の試験を頑張る以外ないので。

 

雪が大変そうですが、滑ってコケないよう、ご武運をお祈りします。

What can you do?


WATCH: Donald Trump's first press conference as president-elect

 

トランプ次期アメリカ大統領の記者会見のことで今日のニュースは持ち切りでした。その内容もさることながら、CNNの記者の質問にエキサイトする様子、一方的に会見を切り上げる様子などから漠然と、でも確実に「本当に彼がアメリカ大統領になるのか……?」という不安を感じます。

トランプに肯定的な方の中には「言動の奇抜さだけでレッテルを張るのはよくない」「マスコミの印象操作に囚われるな」もいらっしゃいます。もちろんその通りで、トランプが大統領選に勝利したのはまさにアメリカ国民が既成の政治に不満を抱いていたからと言えるので、「既成の政治」の歴史である過去の大統領と比較すること自体に意味がないのかも知れません。

とは言え、やはりトランプの言動、立ち居振る舞いは僕らが抱く「アメリカの大統領」像とはギャップがあると言わざるを得ません。いや、僕はオバマとブッシュJr.の時代しか知らないのですが……

 


Watch President Barack Obama's full farewell speech

先日シカゴで行われたオバマ大統領の在任中最後のスピーチですが、それはそれはカッコいいわけです。"Yes we can"のフレーズを引っ提げてアメリカ初の黒人系大統領となった当初からそうですが、オバマは言葉で人を惹きつける能力に長けています。崇高な理念を言葉で伝える才能があるんだと思います。「核なき世界」はじめ、崇高な理念を掲げてしまったがためにアメリカ外交政策の選択肢を自ら狭めてしまったという側面があるのは否めませんが、理想に燃える大統領の姿はそれだけでアメリカのソフトパワーとして機能していたのではないでしょうか。

 

しかし皮肉なことにトランプの勝因は理想を語るばかりの政治への否定的な世論だったのです。つまり、僕らが見せつけられたあのエキサイティングな次期大統領の姿こそ、アメリカ国民の民意なのです。正直ため息が出るような光景でしたが、これはアメリカ国民が決めたことであって、僕らが日本でため息をついてもどうしようもないことなのです(今やアメリカ国民にもどうしようもないことですが)。とりあえず会見の様子から改めて分かったことは、もはやアメリカ大統領に「偉大さ」を求めること自体無理があるということ(”Make America great again"と言っていた人にこういう評価を下すという皮肉……)。そしてかつてなく大統領の発言が軽くなりそうな今後、大統領が「何を言うか」ではなく、実際に「何をするか」に焦点を合わせる必要があるということ。

"Yes we can"と語っていたオバマからバトンを受けて、トランプはどうするのか。就任してからの政治行動を観察することで「トランプ大統領」の真の狙いを判断する他なさそうです。

Mr. Trump, what can you do?

ブログをはじめます

まだ何だかよく分かっていないまま、開設してしまいました。はてなブログは何だか難しそうです。昔やっていたYahoo!ブログ(今や半分黒歴史)はもっとラフな感じでやれていたような気がするのに……

 

ごく簡単に僕のプロフィールを書いておくと、大学生をやっています。ほどなく3年目のシーズンが終わります。「中国の政治・外交」を比較的深めにやっています。大学院に行きたいナァと思っていますが、その構想はまだまだおぼろげです。野球観戦が好きで、ソフトバンクホークスを応援しています。

 

 

こんな僕がふと思い立ってブログを始めた理由はそんな大それたものではなくて、自由度の高いアウトプットの場所があればいいな、という素朴な思いつきがきっかけです。

すっかりSNS全盛時代となって、考えていることを言葉にして世の中に発信すること自体のハードルはめちゃくちゃ下がりました。でも、それが自由かというと別問題です。Twitterには140字というタイトな字数制限があるし、Facebookは意識高そうなことを言わないと市民権無さそうな雰囲気が感じられます。何よりSNSは現実の人間関係の延長線上にあることが多いので、潜在意識的に自分が発した言葉を目にする人の顔をイメージしながらの発言になってしまうんですね。

その点ブログはいろんな意味でオープンじゃないですか? オープンゆえの面倒くささがあるのかもしれませんが、まあそれはおいおい考えるとして……。

 

ここで書くことのテーマを限定することはせずに、思ったこと、考えたことを自由に書こうと思っていますが、日本、中国を中心とした国際情勢や、政治学・国際政治学をはじめとした学問的な内容がメインを占めるかも知れません。まだ全然ノープランなので断言は全くできません。読んだ本、見たもの、行った場所……、気の赴くままに書きたいですね。テーマ云々よりも「書くこと」自体が目的なので。

 

 

冒頭に書いた通り、はてなブログのシステムがいまだにイマイチ分かっていませんが、書きながらぼちぼち掴んでいけたらと思います。とにかくまずは3日坊主にならないことですね。頑張ります。